読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺屋高尾

ぬしの女房はんに、わちき、なりたいんざます。来年三月十五日、年季(ねん)が明けるんざます。そのときは眉毛落として歯に鉄漿(かね)染めて、ぬしの傍に参りんすよって、お内儀(かみ)さんにしてくんなますか?

【読了】情報科学入門: Rubyを使って学ぶ


普段のプログラミングの役に立つ事あるかなぁ〜って思ったけど、そーでもなかった(笑)
いや、それはアルゴリズムや再帰なんかを俺が既に「ある程度かじってた」からね。
復習にはなったかな。


アルゴリズム?再帰?なにそれ美味しいの?って人にはいいんじゃないかな。


あと、残念ながら、、、
この本は「情報科学」の入門書な訳ですけど、僕はあまり情報科学には興味が持てなかった(爆


馬鹿でも解るアルゴリズムとか、猿でも解る数値計算とか、猫でもわかるパターン認識とか、ゆるいノリの各入門書を読んでから読むと面白いかも。


SQLの絵本みたいな感じで、数値計算の絵本とかあれば読んでみよう。


ある意味、僕にはこの本から情報科学の面白さは伝わってこなかった。
既に好きな人のための本じゃないかな。


新たなパイは増えないだろうな。