読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺屋高尾

ぬしの女房はんに、わちき、なりたいんざます。来年三月十五日、年季(ねん)が明けるんざます。そのときは眉毛落として歯に鉄漿(かね)染めて、ぬしの傍に参りんすよって、お内儀(かみ)さんにしてくんなますか?

【読了】SQLの絵本


随分と前に読んだ本。
SQLの絵本って名前だけど、SQLを使ってDBを優しく教えてくれる本かな。

DBって何?SQLって何?
そんな時期に読んで、凄くためになった。
NetでDBやSQLって何だろう?って思って、色々検索して記事を読んだけど良く解らない。
そんなとき、新宿のジュンク堂でこの本を見つけました。
これでスタート切って良かったと思っています。


この一冊だけだと、ぶっちゃけ何も出来るようにはならない。
ただ、これは絵本なんだ。
本当にDBがなんなのか全然知らなくて、これからDBそのものを学ぶときに「大体こんな感じ」ってイメージがあるのと無いのじゃ全く違う訳ですよ。
そのイメージを作ってくれる本。


C#でもRuby on Ralisでも、今はDBを当たり前の様に使えなきゃ行けない時代だ。
NoSQLとは言うけれどもさ。
きしださんもブログに書いていたけれど、全くしらないのではお話にならないんじゃないかな。


DBやSQLのイメージを作るには良い本だと思います。